eventnews

2019年9月21日(土)~22日(日) 第24回日本糖尿病教育・看護学会 学術集会

第24回日本糖尿病教育・看護学会 学術集会

19-005

日 時:2019年9月21日(土)~22日(日)

場 所:幕張メッセ国際会議場

千葉市美浜区中瀬2-1 TEL:043-296-0001

参加費:

(事前登録)会員7,000円、非会員10,000円、学生3,000円、懇親会費5,000円

(当日登録)会員9,000円、非会員12,000円、学生4,000円、懇親会費5,000円

事前登録方法:下記URLより登録申込み

事前登録期間:2019年5月15日(水)~2019年7月24日(水)

演題登録方法:演者および共同研究者全員の学会への入会が必要。会員は2018年の年会費納入を済ませてから、新規会員は入会を済ませてから演題登録をお願いします。

演題募集受付期間:2019年3月1日(金)~4月26日(金) 下記URL参照

 

【リンク先URL】 https://www.jaden24.jp/

 

 

【プログラム】

<会長講演>

『身体から生活・人生を看る~成長していく子どもたちが教えてくれたこと~』

千葉大学大学院看護学研究科 中村 伸枝 先生

<特別講演1>

『越境するケア -地域の処方箋という視点‐』

社会福祉法人福祉楽団 理事長

株式会社恋する豚研究所 代表取締役

飯田 大輔 先生

<特別講演2>

『AIと糖尿病療養指導』

藤田医科大学医学部 内分泌・代謝内科学 牧野 真樹 先生

<教育講演1>

『糖尿病性神経障害を診断し治療するということ ~足を看て、生活・人生を護る~』

愛知医科大学医学部内科学講座 糖尿病内科 神谷 英紀 先生

<教育講演2>

『生活習慣病の予防・改善を目指した時間栄養学の可能性』

産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門 大石 勝隆 先生

<教育講演3>

『論文とは何か? ‐その本質から考える-』

東邦大学看護学部 平田 松吾 先生

<教育講演4>

『小児1型糖尿病治療の歴史と展望』

千葉大学大学院医学研究院 小児病態学 高谷 具純 先生

<教育講演5>

『療養支援におけるアドバンスケアプランニング(ACP)の展望』

東京医療保健大学医療保健学部 谷本 真理子 先生

<シンポジウム>

『「見える化」して身体を看る-新たな気付きからケアへの発展』

(シンポジスト)

東京大学医学部附属病院 糖尿病看護認定看護師 大橋 優美子 先生

国保直営総合病院 君津中央病院 糖尿病看護認定看護師 伊藤 千穂 先生

杏林大学医学部附属病院 皮膚排泄ケア認定看護師 舟波 光子 先生

<ワークショップ>

『高齢者の身体を体系的に看る-フィジカルアセスメントの糖尿病看護への適用を考える』

(講師)

糖尿病ケアサポートオフィス 診療看護師 糖尿病看護認定看護師 中山 法子 先生

船橋市立医療センター 慢性疾患看護専門看護師 曽根 晶子 先生

聖隷佐倉市民病院 糖尿病看護認定看護師 髙橋 弥生 先生

<市民公開講座>

『知ってますか?千葉県とヨウ素、千葉大学とヨード卵の関係! ~ヨウ素からコレステロール、卵の健康話まで~』

日本農産工業株式会社ヨード卵部 兼務 畜産技術センター 横山 次郎 先生

<特別企画>

『社会の変化に即した糖尿病看護認定看護師の役割拡大』

公益社団法人日本看護協会 会長 福井 トシ子 先生

公益社団法人日本看護協会 看護研修学校 森 小律恵 先生

<一般演題>

口演・示説

<交流集会>

一般公募

<共催セミナー>

ランチョンセミナー

-------------------------

*日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修会<第1群>(看護職) 4単位

*日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修会<第2群> 4単位

*一般演題(口演/示説)の筆頭演者については、認定機構の個別審査を経て2単位が取得可能

*千葉県糖尿病療養指導士/支援士認定更新のための認定単位 10単位

-------------------------

(主催) 一般社団法人 日本糖尿病教育・看護学会

(後援)一般社団法人 日本糖尿病療養指導士認定機構

千葉県糖尿病協会

一般社団法人 千葉県糖尿病対策推進会議

 

(お問い合わせ)

〒260-8672

千葉市中央区亥鼻1-8-1

千葉大学大学院看護学研究科・

高度実践看護学教育研究分野

E-mail:nnobu@faculty.chiba-u.jp

PAGE TOP