講習会・講演会

CDE‐Chibaの研修会を主催される皆様へ

新型コロナウィルスにおける緊急時特例について 「研修会新規申請の中断」
千葉県糖尿病療養指導士/支援士 認定更新のための研修会新規受付を一時中断することに決定しました。
この度、新型コロナウィルスに伴い、研修会の中止・延期が相次いでおります。
本会では、患者様、糖尿病療養に従事されている医療者の皆様のご健康を考慮し、
密集になる危険を避けるため、2020年度の研修会の新規申請の受付を中断と決定いたしました。

【対象の研修会】2020年5月19日~2021年3月31日の間で行われる研修会
※① 2020年5月19日までにご申請頂いている研修会はそのまま受付させております。
※② 上記期間の根拠は、本会理事会日(5月19日)にて決定されたため。

なお、本件の中断は新型コロナウィルスの終結に沿っ行います。そのため、国民の皆様のご協力のもと、終結が早期になさた場合は、上記より前に研修会の新規受付を再開いたします。

ご不便お掛けいたしますが、何卒ご理解ご協力のもと、よろしくお願い申し上げます。
ご不明点等ございましたら、事務局までお問い合わせください。

認定申請のご案内 「千葉県糖尿病療養指導士/支援士 認定更新のための研修会」
千葉県糖尿病療養指導士/支援士の研修と単位取得の機会を増やすために、研修会主催者からの申請を受けて認定委員会が審査し、「単位の取得できる研修会」として認定します。

「認定更新のための研修会」の認定基準
1.糖尿病の療養指導/支援に関わる内容が含まれること。
2.研修会の責任者・主催団体、あるいは共催団体が千葉県糖尿病対策推進会議の会員であること。
3.参加が一般に公開されていることが望ましい。
4.参加の証拠となるもの(参加証等)が発行されるもの

以上の認定基準を満たすものについて,実質1時間未満を1単位、実質1時間以上3時間未満を2単位、実質3時間以上を3単位、実質6時間以上を4単位として申請できる。なお、千葉県糖尿病対策推進会議の「共催」または「後援」が認められた場合、10単位を申請することが可能。

申請・審査の概要 1.申請書提出
「認定申請書(様式1)」に必要事項を記入し、「プログラム」・「(要旨)」等と「参加証(見本)」を添付してご提出ください。申請期限は開催日1ヵ月前です。同一主催者による研修会が複数回開催される場合も、1回毎に申請してください。

2.審査結果通知   
認定「可」となった研修会については「認定単位数」と「認定番号」を認定申請書の申請者宛てに書面で発送します。申請書提出後にプログラムの内容を変更された場合は実施報告書で報告していただき、事後の審査といたします。

3.研修会開催
参加者(CDE-Chiba)に参加証を配布して下さい。参加者名簿を作成して下さい。

4.共催・後援
千葉県糖尿病対策推進会議の共催・後援が必要の場合、 「共催申請書(雛形)」 または 「後援申請書(雛形)」  を作成して下さい。共催・後援申請書は必ずしもひな形を使用する必要はありません。
共催・後援はいずれも申請期限は開催日1ヵ月前です。

5.報告書提出(開催後1か月以内)
「実施報告書(様式2)」と「実施プログラム」、「参加証(原本)」を提出して下さい。

認定申請書類や報告書に虚偽の記載があった場合は、認定の取り消し、および今後同一申請 からの申請を受け付けない場合があります。

PAGE TOP